フェラーリについてー自由が丘ヒーリングライフ

ヒーリング・アド

ブログ~ぽにょの毎日が小春日和
ブログ~はじめまして、ぼく小太郎です!

フェラーリについて

スーパーカーの世代なのに、その当時はスーパーカーにまったく興味がなく、免許取得後は車大好き人間として、スカイラインGT-Rを3台乗り継ぎました。
フェラーリに興味を持ったのは、実はそのスカイラインのGT-Rに乗っていた頃でした。
当時の日本はバブルの真っ只中で、そのバブルの申し子としてGT-RやNS-X、セルシオといった世界を驚かせるような素晴らしい車たちが次々と日本からリリースされました。
GT-Rに乗った時の衝撃は今でも忘れられず、自分が車に抱いていた価値観が間違っていることの認識をさせられた瞬間でした。
GT-Rには確実にGT-Rワールドがあり、そのGT-Rの持つ世界感は今まで乗ったことのある車たちとは住む世界が違う異次元のものでした。
そして、そのときの感動からフェラーリやポルシェにもGT-Rとは違った種類の世界感があるのではないかという想像を抱くようになりました。

その後、数年の時を経てフェラーリのF355に乗る機会がありました。
一般道から首都高までをしばらく運転させていただきました。
このときの衝撃はGT-Rで感じた程度のものではなく、とても冷静に受け止められる範疇のものではありませんでした!
この頃はいろいろな車に乗らしてもらう機会に恵まれ、ポルシェ、NS-Xなどの高級車もいろいろと運転させてもらいました。
ポルシェ911に乗って、その値段を考え、「まあ、ステータスも考慮すれば妥当な感じだな!」なんて印象を受け、ホンダのNS-Xに乗って、その値段を考え、「これはちょっと高くて欲しくないなー!」との印象を受けました。
しかし、F355に対しては、その値段を考えることはほとんど不可能で、1億でも安いような気分にさせられ、「こんな車のような形をした、とんでもない乗り物がこの世にあったのかー?」「お金持ちっていいなー、こんなものに乗れるんだー!」などなど考えることはそんなことばかりで、ほとんど冷静にF355を受け止めることはできませんでした。
まずは、スタイルが違う!「信じられないほどかっこいい!」音も違う!「なんだ、アイドリングなのに普通の車の3000回転ぐらいの勢いの排気ガスが出ているぞ!」走りが違う!「コーナリングがありえないほど、気持ちがいい!」とにかく、今までの乗った車たち違う!違いすぎるぞー!
そう、あのフェラーリ教の教祖様清水草一さんの受けた感動を自分でも受けることになろうとは・・・。
そして心からフェラーリ様が欲しくなりました。

その後は、紆余曲折しながらも清水草一著のフェラーリ関連の本やDVDを見てモチベーションを上げ、2004年にとうとう2年落ちの赤の360スパイダーを手に入れました。
中古で手に入れたフェラーリ様でしたが、始めて自分で所有するフェラーリ様のハンドルを握ったときの緊張は今でも鮮明に覚えています。
なぜ、最初のフェラーリ様にスパイダーを選んだのかというと、最高に大好きだったF355のトンネルバックスタイルに憧れてフェラーリファンになったので、クーペスタイルの360モデナのスタイルがどうしても好きになれなかったのと、360スパイダーのスタイルのあまりのかっこよさに惚れてしまったからなんです!
この360スパイダーには、フェラーリを含むスーパーカー仲間でのツーリング、自分のフェラーリを眺めながらのオープンカフェでのランチ、携帯やデジカメで撮られることは日常茶飯事で、ビデオカメラを使ってまで撮影をされたこと、またフェラーリは日本に来ている外人さんに大人気でよく声をかけられることもありました!とにかく、普通の車に乗っていては味わうことができない数々の非日常を体験させてもらいました。

実際、360スパイダーは本当に素晴らしい車ではありましたが、フェラーリ様を手に入れて、そのフェラーリ様を冷静に評価できるようになると、幻想であった部分、機械として不完全な部分など、いろいろとフェラーリ様のリアルな部分を少しずつ知ることになりした。
ずっと、フェラーリ様と一緒にいて、冷静に考えフェラーリ様の魅力ってなんなんだろう?
まずは、走行性能!一般の方がフェラーリに思い描いているほど、これは優れているわけではありません!超高速域ではそれなりに不安定になりますし、コーナリングも絶対的な限界は高いものの、その限界領域でのコントロール性はとても褒められたものではありません!
次にスタイル!これは国産車や他のドイツ車とは格段に違うフェラーリ様の大きな魅力の1つです!とにかく眺めているだけで幸せになることができる芸術的なスタイルで、オープンカフェから見る自分の360スパイダーのスタイルはいつだって陶酔の瞬間でした!
最後に音!これがフェラーリ様の1番の魅力です!とにかくF1サウンド!スパイダーでトンネルを通過する瞬間は、TV中継でおなじみのモナコグランプリのトンネルをそのまんま味わうことが出来ます!
フェラーリ様の魅力の結論!それは、他のメーカーには出来なかった数々の刺激の演出なのではないでしょうか?
ジェットコースターもある意味不安定だから楽しいわけで、レクサスみたいに安定してたら誰も乗りたくならないでしょ!高速域での走行性能の不安定感はそのままジェットコースター感覚につながり、その時の不安感や恐怖感は麻薬のような中毒性を持ち、またフェラーリ様に乗りたいという欲望へとつながっていきます!
そして、芸術的なスタイルにそのまんまF1のようなサウンド!これだけの刺激の演出を持った乗り物は絶対に他にはありません!
フェラーリも最近のモデルはとても乗りやすく、近所にお買い物に行くことも全然問題なくできるし、毎日の通勤に使うことだってできないことじゃありません!
でも、そういった使い方はフェラーリ様の正しい使い方ではありません!フェラーリ様に乗る場合は必ずこの刺激のシャワーを大量に浴びて、その甘美な刺激に陶酔し、そして疲れきらなければなりません!

刺激という言葉だけに限定すればフェラーリ様は他の車たちとは全然違う乗り物ですが、「なんで車に乗ってそんなに疲れなければならないんだー!」と考えておられるAMGオーナーの方!ごもっともなんですが、そこを理解できなければ、フェラーリ様に特別な価値を見出すことってできないんですよ!
価値観っていうものは人それぞれ違うもので、こんな魅力的なフェラーリ様がお金を出せば買える素敵な時代なのに、俺はガヤルドの方がいいなー!なんて思っちゃう人もいるんですよ!
なんで、ガヤルドがいいんだろう?ガヤルドにはフェラーリ様がお持ちになる特別な刺激がございません!確かに速くて安定しているけど、何度乗ってもドイツ車だし、アウディが作った車だって乗れば誰にでもすぐにわかると思うんだけど・・・?
それに、フェラーリがセミオートマを開発すれば、同じようにセミオートマを搭載する!フェラーリが排圧を使った可変のフラーを使い始めれば、また同じように取り入れる!カーボンセラミックブレーキを標準装備にすれば、ランボルギーニも標準化する!昔のランボルギーニにはもっと独自性があったのに、今のランボルギーニにはもうポリシーってものがないのかなー!って、そんなこと言ってもランボ大好きです!ただし、本当のランボファンは、ガヤルドを選ぶことはありませんよね!
フェラーリ様に乗り始めてからわずか5年程度!まだ、たった2台しかフェラーリ様に乗れてはいないけど、これから先もずーっと死ぬまで、フェラーリ様に自分の近くにいて欲しいと心から願っています!
自分にそう思わせてくれる乗り物は、過去も現在もフェラーリ様しかないし、これから先の未来もきっとフェラーリ様しかないんです!

そして、誰が何と言おうと、やっぱりフェラーリ様は最高なんです!(フェラーリジャンキー、モジャ夫)



★スポンサーサイト★